保護者会:7月の活動報告

2013-09-30

 7月5日(金)の保護者会研修会では、35名の方にご参加をいただきありがとうございました。今回は、本場班・別館班・市川環境班での園生の作業場を見学させていただきました。子どもたちの訓練の場を通して、社会に出るために必要なことを、段階を踏みながら日々学んでいるということを再認識できればと思い、企画しました。

 あかね園がスタートして今年で27年目。障害を持った子どもたちに働く場所を何とかしたいという先輩方の想いが、今こうして目の前で躍動しているという確かなものを感じました。自立班・就労移行班・継続班と作業内容は各々違いますが、目指すところは社会に出るため、会社で働くための基礎づくりです。園生の成長を見るにつけ、職員の方々の日々のご指導に心から感謝いたします。企業や社会に受け入れられ、長く安定した生活ができるためには、園と家庭が連携を図りながら、基礎となる訓練の段階や作業内容、社会で必要とされているものは何なのかを親たちが良く知ることが大切ではないでしょうか。今回の企画に際しまして、お忙しい中、園職員や企業の方々のご協力をいただきましたことを感謝申し上げます。

DSC01646 DSC01644