一泊旅行

2013-08-01

 今年度の一泊旅行は、6月6日(木)~7日(金)で越後湯沢に行ってきました。園生76名、職員26名の総勢102名という大所帯でしたが、全員が集合時間に余裕を持って集合することができたので、例年になく、スムーズな出発となりました。

 一日目は、埼玉県の小江戸川越に行きました。川越まつり会館や菓子屋横丁、そして古き良き日本の街並みを見て楽しみ、川越プリンスホテルで昼食をとりました。

DSCN4428 DSC_0041

 

 

 

 

 

 

 その後、川越を出発した後は、いくつかのサービスエリアで休憩を取りつつ、夕方には宿泊する湯沢グランドホテルへ到着。数種類の温泉で疲れを癒したり、部屋でくつろいだり、ゆったりと過ごしました。そして、お待ちかねの宴会では、鮑をはじめとした日本料理を楽しみました。さて、お腹もいっぱいになったところで、宴会第二部の始まりです。今回の企画は、まず各事業の園生対抗で、レイ(花輪)をくぐり隣の人に回していくゲームでした。どのチームも熱心に作戦を立てる等、白熱した戦いが繰り広げられました。続いては間違い探し。職員が互いの洋服を交換して舞台に登場し、“何が違うのか”を当てるゲームをしました。そして最後に、越後湯沢や川越にまつわるクイズをして、楽しかった宴会も終了となりました。

DSCN4448 DSC_0167

 

 

 

 

 

 

 旅行の二日目は事業毎のプログラムです。自立班は湯沢フィッシングパークでニジマスの掴みどりとバーベキュー、移行班はアルプの里にロープウェーで登り、湯沢高原の景観や足湯等を楽しみました。継続班は、大源太湖の畔にある体験教室で陶芸や笹団子作りに挑戦しました。

IMGP3459 IMG_0966

 

 

 

 

 

 

 

 今回の旅行は、全体的に時間に余裕を持って楽しむことができたと思います。園生の皆さんが、日頃から時間を守ることや仲間と協調すること等、社会人としてのルール・マナーを意識して過ごしていることが、旅行の中でのスムーズな移動や、安心・安全という形で現れたのだと思います。夏には納涼祭、秋にはバザーと、これからもあかね園の行事がたくさんあります。一つ一つの行事を通し、楽しみながら体験的な勉強をして、経験を豊かにしていってほしいと願っています。