あかね園の紹介

「あかね園」は、障害があっても地域で働き、暮らすために、作業と生活の訓練や実習を重ね、出来る限り自立した生活が出来るように支援し、利用者が長く安心して豊に地域で暮らせるように支えていくことを目的に「社会福祉法人あひるの会」が主体となって設置されました。

社会福祉法人あひるの会 法人組織図

soshikizu06

社会福祉法人「あひるの会」について

運営主体
社会福祉法人あひるの会
敷地面積
1,650㎡
建  物
鉄骨造り2F建て
建築面積401,45㎡
延べ床面積802,9㎡
定  員
80名
職  員
理事長 岡崎幸子  施設長 松尾公平
管理者 事務 サービス
管理
責任者
多機能型
事業
就業・生活
支援
センター
ホーム 厨房
33
(平成28年4月1日現在)
沿  革
昭和56年 4月 「あひるの会の店」開店。
船橋ららぽーとにて千葉県の物産品を販売。
昭和59年 8月 「働く場を作る親の会」を発足。応援者と企業の協力を得て
障害者の働く場と、働く訓練のための施設を作ることへ始動。
昭和61年 6月 「社会福祉法人あひるの会」認可。
昭和62年 4月 知的障害者通所授産施設「あかね園」開園。
(定員40名)
平成10年 11月 「船橋地域障害者雇用支援センター(あっせん型)」の指定。
平成12年 4月 「障害者就業・生活支援事業」の指定。
9月 「あかねホーム稲毛(男子寮)」が生活ホームとして認可。
(定員4名)
平成14年 4月 「あかねホーム稲毛(女子寮)」が生活ホームとして認可
(定員4名)
平成14年 4月 「雇用支援センター」が「障害者就業・生活支援センター」に。
平成16年 11月 「あかねホーム幕張」がグループホームとして認可。
(定員6名)
平成18年 4月 障害者自立支援法スタート
平成18年 10月 障害福祉サービス事業(多機能型と共同生活援助)を申請・認可
平成22年 3月 「あかねホーム幕張西」がグループホームとして認可。
(定員5名)
平成24年 3月 「あかねホーム稲毛(男子寮)」を閉所。
平成25年 4月 「あかねホーム実籾」がグループホームとして認可。
(定員5名)
平成25年 6月 「あかねホーム稲毛(女子寮)」を閉所。
平成25年 7月 「あかねホーム鷺沼」がグループホームとして認可。
(定員5名)
平成26年 12月 「あかねホーム鷺沼サテライト」がグループホームとして認可。
(定員1名)
平成28年 4月 松尾公平が二代目施設長に就任。柴田麻子が法人の常務理事に就任。
「あかねホーム幕張西サテライト」がグループホームとして認可。
(定員1名)